束進ブログ(note​)

6/30 2割重症、8割無症状の難しさ

今回のコロナの最も厄介な点は、8割が無症状であるという点ではないでしょうか。これはコロナに限った問題ではないような気がしています。他の現場でも同じようなことが起こっているのではないでしょうか。

6/29 子供の質問には「なぜ」を問い返す

子供から質問された時、どのように返すかが大事なポイントになると考えています。具体例をあげながら書いてみました。

6/28 年内の月謝0円でオンライン家庭教師!束進開校キャンペーン!

束進のサービスの質を高めるため、フィードバックをしていただける小・中学生の方を対象に、年内の月謝を0円にするキャンペーンを行います。ぜひお気軽にご利用ください。

6/27 子供に勉強してもらうためにするべきこと

親御さんの中には「子供が勉強しない」と悩まれる方がいらっしゃいます。しかし、子供は大人が思っている以上に勉強しているものです。大人がするべきことについて書いてみました。

6/26 ξの書き方

なかなか見る機会はない文字ですが、ギリシャ文字でξ(グザイ)というものです。物理学科ではよく使う文字なのですが、未だに正しい書き方がわかりません。綺麗に描きたのですがなかなかできない…

6/25 母親の忘れられない一言。「亜寒帯の"亜"」

母親からの一言の中には今でもしょっちゅう思い出すものがあります。その中の一つについて書きました。

6/24 歯を磨かない子供のためのアプリ

子供にはを磨いて欲しい時どうするか、悩むこともあるのではないでしょうか。そんな方向けに、ポケモンと一緒にはを磨くことができるアプリがローンチされていたので紹介します。AR技術で、顔の周りにポケモンが寄ってきます。

6/23 映画「クロッシング」での名言〜脱北者問題〜

​今日、一本映画を見たのですが、非常に深く、問題意識が芽生えました。そして、映画の核心を一言で表した名言があったので紹介します。

6/22 石の投げ合いで死者〜中国とインドの国境〜

中印の国境未確定地域で動きがありました。今何が起こっているのか、浮かんだ疑問点を書いてみました。

6/21 「日食」は入試で出題されるか〜都立高入試の出題範囲削減をうけて〜

今日は珍しい(?)夏至の日の日食でした。さて、中学生が学ぶ「日食」は来年の都立高校入試で出題されるか、調べましたので報告します。

6/20 味覚の異変で「コロナ感染」に気づいた藤浪の凄さ

ずいぶん前の話ですが、阪神タイガースの藤浪投手がPCR検査で陽性となった時、その検査をするに至ったきっかけは、藤浪選手自身が感じた「味覚の異変」です。これって冷静に考えたらすごいことなのでは。

6/19 「新型コロナウイルス接触確認アプリ」を使おうとしてみた。

政府が「新型コロナウイルス接触確認アプリ」をリリースしました。私もダウンロードしようと試みたのですが…

6/18 マシュマロの中に入れるもの

マシュマロの中にチョコや、いちごジャムが入った商品が発売されていますが、まだまだです。もっとマシュマロに合うものがあるはず。そんな記事です。

6/17 "宿題をしない子供"に言ってはいけない「NGワード」

宿題をしない子供はどこにでもいるものです。大人はそれを憂慮するわけですが、宿題をしない原因を子供に押し付けてはいないでしょうか。もしくは、親の育て方の問題と結論付けてはいないでしょうか。おそらく問題はそこにはありません。多分、教師の問題…

6/16 国語の成績は、「親との会話で上がる」

国語の成績はどうしたら上がるのか、なかなか答えを見出せない子供が多いです。しかし、国語の成績は確実にあげることができるものです。これは、テクニックによるものではなく、日常会話の中にヒントが隠されているのではないでしょうか。そんなことを書いています。

6/15 生活の工夫で、子供の計算力を育てる

受験生を見ていると、小さなことの積み重ねが大きくなることを実感します。また同様にして、子供の計算力の差は、ほんの少し差が積み重なっているものではないでしょうか。ここでは、計算力を育てる「少しの工夫」について書いてみました。

6/14 質問対応にもコツがある

「質問対応」はどの教育サービスでも提供されるものですが、その質について考えられることは少ないです。現場の実情を踏まえた上で、考察してみました。

6/13 「不登校」というワードの異常性

不登校という言葉がネガティブな意味を持ってしまっていることに危機感を持っています。不登校自体全く問題ないでしょう。私も学校に行きたくないと思うことはしょっちゅうでした。誰にでも起こりうるし、全く特別ではないということを確認するためにの記事です。

6/12 都立高校入試について〜数学〜

​昨日、都立高校の入試問題について発表がありましたが、そもそも都立高校の入試問題とはどういったものなのか、数学の問題を引用しながら書いてみました。

6/11 都立高校入試の出題範囲が発表

都立高校が来年の入試の出題範囲をコロナの影響を鑑みて、縮小することを発表しました。その影響について簡単にまとめました。

6/10 給付金…

給付金が届いたのですが、何に使おうか迷ってます…

6/9 将来役立つことを学校で勉強することは可能か

学校というものについて、少し具体的に考えてみました。学校で学ぶものは将来に役立つのか、と言うテーマで考察しています。

6/8 理学部物理学科とは

受験生にとって、大学の進学先の学科は悩みどころになるのではないでしょうか。その参考になればということで、私は理学部物理学科出身ですので、少し内部事情を書こうかなあと思います。

6/7 都知事候補者を探る

都知事選が近づいており、候補者の告示も間近です。そこで、すでに出馬した顔ぶれを眺めてみました。大した事は書いてありません。お気軽にどうぞ。

6/6 感染症"だから"オンラインではない!

オンンライン指導、いまは感染症対策として注目されていますが、メリットはそれだけではありません。対面授業とオンラインが並列してある事で生む事ができる相乗効果はたくさんあります。オンラインの可能性について書いてみました。

6/5 オンライン家庭教師 束進が願う事

束進を立ち上げた経緯について、書いてみました。「小・中学生であれば、必ず成績をあげられる」、「勉強する意味があるのか」、教育現場で感じていた事など、まとめてみましたので、よろしければどうぞ。

6/4 元に戻っていく日常、これでいいのか…

緊急事態宣言が全国で解除され、しばらく経ちました。非日常から、日常に戻ってくると、世の中のおかしな点に気づきます。特に電車。小・中学生のなかには、来年から電車で通学する生徒もいると思います。参考にしていただければと思います。

6/3 罪深い「自主学習サポート」の享受

「自主学習サポート」は各塾において、いろんな形で行われています。しかし、その中には、学生の熱意に任せた「無給与」サポートも存在します。そういった不完全な自主学習サポートについて書きました。

6/2 オンライン自習室を褒めてみた

youtubeのようなタイトルにしました。オンライン家庭教師 束進でも設置しているオンライン自習室をひたすら褒める。そんな回です。

6/1 非接触革命、誰が起こす?

​最近、ものに触れることに対して、躊躇することが多くなってきました。私は、「非接触にしてほしいもの」が身の回りにたくさんあります。そんなことについて書いてみました。

© 2020 by 束進. Proudly created with Wix.com

  • Twitter Clean

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / 

メールアドレス:tabashin-comunicate@katekyo-online-tabashin.com
電話番号:080-5677-9210