束進のビジョン

学力格差を減らし、全ての小・中学生の可能性を広げる

社会で活躍する方々を見ていて思うことがあります。

「学力が高い」=「能力が高い」 ではない

「学力が低い」=「能力が低い」 ではない

一方で、子供を見ていると

勉強ができないことを「過剰に」気にしている子がたくさんいます。

わかったふりをする子

テストでカンニングしてしまう子

成績を自虐してしまう子

質問することを恥だと思う子

これらは、「学力至上主義」による「余計なストレスの産物」ではないでしょうか。

生徒を指導していた経験から、はっきりと申し上げられることがあります。

どんな子供でも

「計算、英単語、漢字」

​「研究された集団塾の授業」

「解き直し」

があれば成績は上がります。

​小・中学生の学力は、「勉強適正」を示すものではありません。

いかに、「必要なことをやったか」です。

生徒一人に対して、一人のプロ教師がつき、全力でサポートすれば、成績は上がる。

「なら、それをやろう!」

これが、束進のきっかけです。

学力が低いことをコンプレックスとしてしまう、そんな世の中を変えたい。

小・中学生が気にしている「学力」など「大したことがない」と気づいて欲しい。

そして、そのストレスに費やしていた労力を、別の場所で使って欲しい。

勉強以外のことに興味を持って、没頭してもいい。

​好きなことを思う存分、一生懸命できる、そんな環境を子供に提供したい。

学力のコンプレックスから抜け出した全ての子供が、社会で活躍する人材になることを願っています。

 

 

オンライン家庭教師 束進 代表

高山  良輔

© 2020 by 束進. Proudly created with Wix.com

  • Twitter Clean

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / 

メールアドレス:tabashin-comunicate@katekyo-online-tabashin.com
電話番号:080-5677-9210